普茶料理

長崎県

伝統的郷土料理

禅の心を大切にした、日本の食文化を代表する精進料理

普茶料理

普茶料理(ふちゃりょうり)は、江戸時代初期に黄檗(おうばく)宗の僧が日本へ持ち込んだと言われる精進料理。日本の精進料理とは異なり、葛と植物油を多く使った濃厚な味、一つの卓を4人で囲む形式が特徴である。代表的な普茶料理に胡麻豆腐、精進うなぎがある。

資料提供 : 長崎県農林部農政課

汁もの

漬物

煮もの

  • いも煮

    山形県

    直径5m超の大鍋で3万食を振る舞う「芋煮会」

    いも煮

  • トロ湯葉煮

    京都府

    柔らか湯葉を煮込んだ料理、熱燗のお供にいかが?

    トロ湯葉煮

  • いなごいり

    山形県

    かつての農村の貴重なタンパク源

    いなごいり

  • イイダコの煮付け

    岡山県

    おつまみに最高!イイダコの煮付け。

    イイダコの煮付け

郷土料理

  • 小豆汁の雑煮

    鳥取県

    お正月はあま〜い小豆と丸餅で

    小豆汁の雑煮

  • かてそば

    栃木県

    春から夏、冬で変わるそば

    かてそば

  • たけのこ料理

    京都府

    新鮮さが身上で刺身も美味。さわやかな食感に春の訪れを感じる

    たけのこ料理

  • けんびき焼き

    岡山県

    名前の通り、ほっと一息ついてしまう昔ながらの家庭のおやつ

    けんびき焼き

魚介

TOPに戻る