四海巻

千葉県

伝統的郷土料理

見てきれい、食べておいしいお米の芸術品

四海巻

細工物の巻き寿しとして、昔からあったもの。見た目は簡単だが、難しい巻物。四海とは四方の海の意味。四隅のすじは波紋を表している。

郷土料理レシピ

分量 : [:ja]1[:en]1[:de]1本分/[:ru]1本分/[:es]1本分/[:fr]1本分/[:it]1本分/[:ko]1本分/[:th]1本分/[:zh]1本分/[:ch]1本分/[:]人前

  • すし飯300g
  • すしめし(ピンク)150g
  • 厚焼き卵(2cm幅)3枚
  • のり3枚と1/3枚
1.
のり2枚をはりあわせる。
手前にピンクのすし飯、残りに白いすし飯を平らに広げ、手前からしっかりと、うずまきに巻く。
2.
1.を縦に4つに切る。
3.
1枚ののりに1/3のぼるを接いでおき、1/4のうずまきを切り口を外してのせ、間の溝に卵焼きを3枚重ねて置き、残りのうずまきを切り、口を外に向けてのせ、四角に組み合わせる。角をしっかりと立て、四角に巻き整える。
※細く仕上げる時は、中のうずまきは1枚と1/2枚にし、外巻きを1枚にする。
4.
※すしめし、厚卵のつくりかたは、千葉の「太巻きずし」のレシピを参照

資料提供 : ふるさと料理 ちばの味

寿司

  • お方ずし

    大分県

    煮豆と焼きアジで作る、郷土の歴史がぎっしり詰まったおすし

    お方ずし

  • 須古寿司

    佐賀県

    ムツゴロウを使った華やかな伝統料理

    須古寿司

  • 太巻きずし

    千葉県

    見てきれい、食べておいしいお米の芸術品

    太巻きずし

  • べっこうすし

    東京都

    わさびの代わりに青唐辛子を使った、
    大島独自の寿司文化

    べっこうすし

郷土料理

TOPに戻る