べっこうすし

東京都

伝統的郷土料理

わさびの代わりに青唐辛子を使った、
大島独自の寿司文化

べっこうすし

寿司ネタを青唐辛子を溶いた醤油タレに漬け、砂糖が多めの酢飯で握る伊豆大島の郷土料理「べっこうずし」。そのタレにつけた刺身の色から、そう呼ばれている。主に、大島で水揚げされる鯛などの白身魚を中心に、マグロ、カツオなどが使われる。温暖な伊豆諸島で寿司を食べるために明治以降に発達した独自の技法で、ワサビが手に入らなかった当時の名残りである。八丈島には、青唐辛子ではなく練り辛子を使い「島寿司」と呼ばれている寿司もある。

資料提供 : ぐるたび

寿司

郷土料理

  • 芋煮

    島根県

    里芋のおいしさを生かした秋の味覚

    芋煮

  • 切り株揚げ

    埼玉県

    「富の川越いも」をけやきの切り株に見立てた、いもの天ぷら

    切り株揚げ

  • カキの土手鍋

    広島県

    広島県が誇るカキを、ユニークな食べ方で!

    カキの土手鍋

  • 昆布〆

    富山県

    魚介本来の旨みに、上品な香りが重なり、ふくよかな味わいに

    昆布〆

TOPに戻る