べっこうすし

東京都

伝統的郷土料理

わさびの代わりに青唐辛子を使った、
大島独自の寿司文化

べっこうすし

寿司ネタを青唐辛子を溶いた醤油タレに漬け、砂糖が多めの酢飯で握る伊豆大島の郷土料理「べっこうずし」。そのタレにつけた刺身の色から、そう呼ばれている。主に、大島で水揚げされる鯛などの白身魚を中心に、マグロ、カツオなどが使われる。温暖な伊豆諸島で寿司を食べるために明治以降に発達した独自の技法で、ワサビが手に入らなかった当時の名残りである。八丈島には、青唐辛子ではなく練り辛子を使い「島寿司」と呼ばれている寿司もある。

資料提供 : ぐるたび

寿司

  • 鯖鮨

    長野県

    海のない地域ならではの食習慣

    鯖鮨

  • 太巻きずし

    千葉県

    見てきれい、食べておいしいお米の芸術品

    太巻きずし

  • 柿の葉すし(奈良県)

    奈良県

    まろやかな風味の酢めしと、脂のり際立つ鯖・鮭とのベストコンビ

    柿の葉すし(奈良県)

  • 四海巻

    千葉県

    見てきれい、食べておいしいお米の芸術品

    四海巻

郷土料理

TOPに戻る