ます寿し

富山県

伝統的郷土料理

駅弁などでおなじみ、
マスが色鮮やかな押し寿司

ます寿し

円形の器に笹を敷き詰め、その上に塩漬け後に味付けしたマスの切り身と酢飯を詰め、笹で包みこみ重しをして作られる押し寿司。享保二年(1717年)、良質の越中米と神通川のアユで作ったのがはじまりとされ、時の加賀藩主が八代将軍吉宗に献上した折、そのおいしさが食通であった吉宗を唸らせたといわれている。その後マスを使って作られるようになり、越中名物として広まった。現在でも富山市の松川沿いでたくさんの専門店が並んでおり、全国的に駅弁やお土産としても重宝されている。

資料提供 : ぐるたび

寿司

  • もぶり飯(松山鮓)

    愛媛県

    瀬戸内の魚をふんだんに使ったちらし寿司

    もぶり飯(松山鮓)

  • お方ずし

    大分県

    煮豆と焼きアジで作る、郷土の歴史がぎっしり詰まったおすし

    お方ずし

  • 飯寿司

    青森県

    伝統発酵食品「飯寿司」

    飯寿司

  • おせずし

    富山県

    お祝いに欠かせないサバの押しずし

    おせずし

郷土料理

  • でこまわし

    徳島県

    地元のじゃがいもやそば団子をさした串焼き

    でこまわし

  • かやくご飯

    大阪府

    大阪人の合理的精神にマッチ!昼のメニューに外せない庶民の味

    かやくご飯

  • いたどりの炒め物

    高知県

    高知の春を告げる食材で作る

    いたどりの炒め物

  • 豚肉のお汁

    沖縄県

    豚肉をさっぱりとしたおすまし仕立てで味わう”豚肉のお汁”

    豚肉のお汁

TOPに戻る