あくまき

鹿児島県

伝統的郷土料理

端午の節句には欠かせない、鹿児島伝統の逸品

あくまき

言い伝えによると、島津義弘公が関ヶ原の戦い(1600年)に持参した薩摩兵児の兵糧だったということであるが、定かではない。家にある灰を使って各家庭で作り、形、大きさ、色などその家の特徴がみられるものであった。現在は家で作ることもあまりなくなったが、5月の頃になると、鹿児島で育った人にとっては、なくてはならないもののようである。

郷土料理レシピ

分量 : [:ja]10(本)人前[:en]10 pieces[:de]10(本)人前[:ru]10(本)人前[:es]10(本)人前[:fr]10(本)人前[:it]10(本)人前[:ko]10(本)人前[:th]10(本)人前[:zh]10(本)人前[:ch]10(本)人前[:]人前

  • 餅米1.5kg
  • 灰汁18カップ
  • 孟宗竹の皮10枚
  • しゅろの葉1枚
1.
木灰で灰汁を作る。(市販の灰汁もある)
2.
前日に餅米を洗って水をきり、灰汁に浸す。
3.
②の餅米を灰汁から上げ、水をきる。(灰汁は煮る時に使う)
4.
竹の皮も前日より水に浸して軟らかくもどし、しゅろの葉はひも状に裂いておく。
5.
竹の皮を広げ、その中へ用意した米を詰め、袋状に包んで、しゅろのひもで3ヶ所くくる。
6.
大釜に入れ、水で薄めた木灰汁で3時間以上煮る。(途中水をさし、米粒があめ色に煮えたらできあがり)
7.
きな粉、砂糖、黒砂糖等、まぶすものはその家の食し方がある。

資料提供 : 鹿児島県食生活改善推進員連絡協議会/(画像)NPO法人霧島食育研究会

郷土料理

  • 鮎うどん

    栃木県

    江戸時代の味を再現!手作りの干し鮎でダシをとった創作メニュー

    鮎うどん

  • しっぽくうどん

    香川県

    冬にも美味しくうどんを食べる知恵

    しっぽくうどん

  • 千枚漬

    京都府

    「はんなり」とした京都らしさを体現するかのような上品な漬物

    千枚漬

  • かぶらのやちゃら

    富山県

    「やっちゃら」野菜を使う料理

    かぶらのやちゃら

TOPに戻る