ひゅうが丼

大分県

伝統的郷土料理

海の男達が豪快に船上で食した津久見市保戸島発祥の郷土料理

ひゅうが丼

遠洋マグロ漁の基地として知られる津久見市の保戸島。その港から遠洋漁業に出る海の男達が賄い料理として、獲った魚をその場で捌き、船上で豪快に食していたという郷土料理、ひゅうが丼。魚はブリやサワラ、アジなど。最初は普通の丼モノとして食し、途中からお茶をかけて茶漬けにするという二段階の味の変化が楽しめるのも魅力。津久見市を中心に人気の料理でもあり、保戸島では祝い事など人が寄り合えば、このひゅうが丼を作るという程。

資料提供 : ぐるたび

Don

  • かやくご飯

    大阪府

    大阪人の合理的精神にマッチ!昼のメニューに外せない庶民の味

    かやくご飯

  • 三河一色うなぎの豪華丼

    愛知県

    「第5回全国ご当地どんぶり選手権予選会」出場どんぶり

    三河一色うなぎの豪華丼

  • スーパー三浦丼

    神奈川県

    神奈川の海の幸をドーンと乗せたスーパー海鮮丼

    スーパー三浦丼

  • 黄飯

    大分県

    心が浮き立つような綺麗な黄色のご飯

    黄飯

郷土料理

魚介

TOPに戻る