がめ煮 (福岡県)

福岡県

伝統的郷土料理

定番のお惣菜は朝鮮生まれ?懐かしいお袋の味

がめ煮 (福岡県)

鶏肉を里芋、ごぼう、にんじん、たけのこなどと一緒に煮込む、別名筑前煮。名前の由来は複数あり、博多の方言である「がめ繰り込む」(いろいろな材料を混ぜる)が短くなり、「がめ煮」と呼ばれるようになったという説や、文禄の役(文禄元年、1592年)に朝鮮に出兵した兵士たちが当時「どぶがめ(スッポン)」とその他の材料をごった煮にして作った「亀煮」から来たという説などがある。現在でも福岡県一帯で、慶事にはかかせない一品である。

資料提供 : ぐるたび

煮もの

  • 金目鯛の煮付け

    静岡県

    脂ののった肉厚な身を甘辛煮で。鮮やかな赤色が料理に華を添える

    金目鯛の煮付け

  • 芋煮

    島根県

    里芋のおいしさを生かした秋の味覚

    芋煮

  • 大平

    長野県

    お祝いの席の定番料理!

    大平

  • 鯉の姿煮(甘露煮)

    長野県

    人寄せがあると最高のご馳走

    鯉の姿煮(甘露煮)

郷土料理

TOPに戻る