おせずし

富山県

伝統的郷土料理

お祝いに欠かせないサバの押しずし

おせずし

焼いてほぐしたサバをご飯とご飯の間にサンドイッチのようにはさみ、一番上にのりを乗せ、重しでつぶして完成する郷土料理。お祝いの席では一升のお米を使って大きなものを作るが、普段の食卓ではハガキくらいのサイズでお皿に盛られる。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • 4と1/2カップ
  • 4と1/4カップ
  • 2杯酢5/8カップ
  • 焼魚(さば)中1と1/4匹

[ A:調味料 ]

  • 1/4カップ
  • 砂糖適量
  • 適量

[ B:調味料 ]

  • 砂糖5/8カップ
  • 大さじ3/4
  • くるみ適量
  • 板のり適量
  • 花のり(海草)適量
  • 木の芽適量
1.
洗った米に水、2杯酢を入れて炊く。
2.
焼魚をほぐしてAに漬けておく。
3.
炊きあがったご飯にBを混ぜ合わせ、冷ます。
4.
押し型の内側に酢を少々ふり、底板の上にすし飯をのせて平たくならす。
5.
すし飯に、細かく切ったくるみをのせ、その上に焼魚をのせる。
6.
その上にまたすし飯をのせ、板のりをのせる。
7.
1段目の上に板をおき、ふたたびすし飯、くるみ、焼魚、すし飯と重ね、花のりをのせる。
8.
3段目も同様にし、花のりのかわりに木の芽をのせる。
9.
押しぶたをして重石をし、4~5時間おく。
10.
型から外し、好みの大きさに切り、器に盛る。

資料提供 : 越中とやま 食の王国

寿司

  • 鯖の早寿司

    和歌山県

    鯖の旨味を引き出した現代の寿司

    鯖の早寿司

  • つわずし

    高知県

    つわぶきの葉を使った祝いの席のお寿司

    つわずし

  • 葉わさびずし

    岡山県

    ワサビを効かした、すしどころ岡山の逸品

    葉わさびずし

  • 鯖鮨

    長野県

    海のない地域ならではの食習慣

    鯖鮨

郷土料理

  • 二度芋の味噌田楽

    長野県

    年に2度収穫出来るジャガイモで作る

    二度芋の味噌田楽

  • がん汁

    大分県

    生きた蟹を使ったワイルドな料理

    がん汁

  • つわずし

    高知県

    つわぶきの葉を使った祝いの席のお寿司

    つわずし

  • 笠戸ひらめ寿司

    山口県

    ふぐに匹敵する高級魚。特にえんがわの食感は絶品!

    笠戸ひらめ寿司

TOPに戻る