四方竹

高知県

伝統的郷土料理

地元でしか味わえなかった名たけのこが全国区にデビュー!

四方竹

高知県南国市特産の「四方竹」と呼ばれるたけのこ。明治時代に中国より高知に入ってきて以来、心地よい歯ざわりと「苦味」がおいしく、秋の山菜として重宝されてきたが、旬が10月中旬から1ヶ月と短く、皮をむいた直後から変色が始まるほどに傷みやすかったため、地元以外で食べることが難しかった。それがある日、ある農家が思いつきで皮ごと煮てみたところ、味を落とさずに保存が効くことがわかり、現在では南国市の特産品として全国へ出荷されるようになった。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • 打ち豆汁

    滋賀県

    栄養価の高い大豆を使った冬積雪地帯の味

    打ち豆汁

  • 粕イカ

    北海道

    新鮮なイカを漬け込んだ粕漬けは、独特の味わいが酒の肴に最適

    粕イカ

  • たらいうどん

    徳島県

    たらいで食べるうどん

    たらいうどん

  • あみだいこん

    岡山県

    瀬戸内の高級珍味

    あみだいこん

TOPに戻る