茶碗蒸し・蒸し寿司

長崎県

伝統的郷土料理

ふたつをセットで食べるのが長崎流

茶碗蒸し・蒸し寿司

長崎の肥前藩邸に出入りするうちに、茶碗蒸しに魅せられた四国伊代藩士の吉田吉宗信武が、忙しい人に簡単で美味しいものが出せないかと、茶碗蒸しと蒸し寿司をセットで出したのが始まりと言われている。蒸し寿司は、温ずし(ぬくずし)とも呼ばれる関西以西に伝わる温かいバラ寿司の事である。

資料提供 : 長崎県農林部農政課

Don

  • 山菜めし

    愛知県

    春の旬が凝縮された味

    山菜めし

  • 比内地鶏料理

    秋田県

    日本有数の美味鶏。噛めば噛むほど味とコクが際立つ逸品

    比内地鶏料理

  • あなご飯

    広島県

    明治時代の駅弁が発祥。焼きたてのあなごの蒲焼とアツアツ味ご飯

    あなご飯

  • ひつまぶし

    愛知県

    そのままで、薬味を添えて、お茶漬けで。三つの味を楽しめる

    ひつまぶし

寿司

  • 太巻きずし

    千葉県

    見てきれい、食べておいしいお米の芸術品

    太巻きずし

  • お方ずし

    大分県

    煮豆と焼きアジで作る、郷土の歴史がぎっしり詰まったおすし

    お方ずし

  • 鯖鮨

    長野県

    海のない地域ならではの食習慣

    鯖鮨

  • 島寿司

    東京都

    わさびの代わりに練りがらしで食べる握り寿司

    島寿司

郷土料理

TOPに戻る