朴葉ずし(岐阜県)

岐阜県

伝統的郷土料理

清涼な初夏を感じる朴の香りがする逸品!

朴葉ずし(岐阜県)

酢じめにした塩さば、塩ますなどが色どりよく並べられた朴葉ずしは、農休みやおひまちに、また、お客のある時に作られる。ご飯があたたかいうちに、葉に包むと香りがよく移るが、葉が変色する。地域によっては、具を混ぜ合わせ、包んだり押しずしにするところもある。具は季節により、好みにより、工夫ひとつでいろいろなんでもよい。

郷土料理レシピ

  • 10カップ
  • 1カップ
  • 砂糖250g
  • 大さじ2
  • 具カット(卵焼き・ふき・ます・酢さば・しぐれ・きのこ・紅しょうが・しいたけ・しそ・ささげ・さば・さんしょ葉など)-
  • 朴葉適宜
1.
ご飯はやや固めに炊き、合せ酢を混ぜる。
2.
具を準備する。季節により、いろいろな具を煮つけて別々に冷ます。
3.
朴葉はぬれぶきんで汚れをとる。
4.
葉に包む。具の用意ができたら、朴葉に茶わん一杯位のすしめしをのせ、1㎝ほどの厚さに広げ、その上に、好みの具をのせ、包み、半日位おき、香りをしみ込ませる。

資料提供 : 岐阜県 農政部 農産物流通課

寿司

  • あゆの姿ずし

    熊本県

    球磨川の象徴、鮎を使った姿ずし!

    あゆの姿ずし

  • 鯖鮨

    長野県

    海のない地域ならではの食習慣

    鯖鮨

  • べっこうすし

    東京都

    わさびの代わりに青唐辛子を使った、
    大島独自の寿司文化

    べっこうすし

  • 花椿

    千葉県

    見てきれい、食べておいしいお米の芸術品

    花椿

郷土料理

TOPに戻る