鯉の姿煮(甘露煮)

長野県

伝統的郷土料理

人寄せがあると最高のご馳走

鯉の姿煮(甘露煮)

諏訪の山浦地方では、祝儀・不祝儀を問わず、人寄せがあると各家庭でつくった最高のご馳走だった。

郷土料理レシピ

  • 鯉(1〜1.5kg)2〜3尾
  • しょうが中1個
  • すだれ(またはわら・だしこんぶ)

[ A(1尾に対し) ]

  • 砂糖1.5〜2カップ弱
  • しょうゆ2カップ
  • みりん2カップ
1.
鯉のうろこを包丁の背でこそぎとり、さっと水洗いする。
2.
鯉は胆のうを破らないように静かに取り除き、味がしみるように裏側に包丁目を2~3カ所入れる。
3.
鍋に分量の【A】を入れ煮立たせる。
4.
その鍋にすだれかわらを敷き、鯉と厚めにスライスしたしょうがを入れ、中火で3~4時間煮る。(鍋に敷くものはだしこんぶでもよい)
5.
煮ている間、鯉に味をしみこませるため、鯉が汁にかくれる様に時々さし水をしながら煮る。
6.
鯉全体につやが出てきたら火を止め、形をくずさない様に取り出し盛りつける。

資料提供 : おいしい信州ふーど(風土)ネット

煮もの

郷土料理

  • かやくご飯

    大阪府

    大阪人の合理的精神にマッチ!昼のメニューに外せない庶民の味

    かやくご飯

  • ひもかわうどん

    群馬県

    その太さは迫力大!小麦の産地が生み出した幅広麺

    ひもかわうどん

  • いり焼き料理

    長崎県

    海と山の幸がすべて鍋の中に

    いり焼き料理

  • ホンモロコ料理

    滋賀県

    琵琶湖特有のホンモロコは炭火で焼いて生姜醤油で食べる素焼きが絶品

    ホンモロコ料理

魚介

TOPに戻る