サバの煮付け

大阪府

伝統的郷土料理

しょうゆ味で仕立てられた昔ながらの庶民の味

サバの煮付け

サバの煮付けといわれると、関東の人たちは味噌味を想像するかもしれないが、大阪では醤油ベースの出汁で煮付けられることが多い。その理由は、サバの産地である福井県から京都府への流通経路のおかげで、新鮮なサバを入手しやすく、甘みのある味噌よりもしょうゆが味付けに適していたと考えられたようだ。箸を入れるとスッと切れる程にやわらかくなった煮付けは、ふわっとした食感とともに口のなかで崩れ、出汁の味が広がっていく。お酒やご飯のお供にピッタリで、家庭の味として人気が高い。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • めはりずし

    和歌山県

    目を見張るほど大きな口を開けて食べる?郷土寿司

    めはりずし

  • つとっこ

    埼玉県

    農家に欠かせない保存食

    つとっこ

  • 打ち込み汁

    香川県

    手軽にできる、農村の日常食

    打ち込み汁

  • ホンモロコ料理

    滋賀県

    琵琶湖特有のホンモロコは炭火で焼いて生姜醤油で食べる素焼きが絶品

    ホンモロコ料理

魚介

TOPに戻る