ヤギ汁

沖縄県

伝統的郷土料理

ヤギ肉特有の香りが明暗を分ける沖縄の「ヤギ汁」

ヤギ汁

ヤギ肉を野菜と煮込んで作る沖縄の郷土料理。現地でも苦手な人がいるという特有の強いにおいを持つため、ショウガやヨモギ(沖縄ではフーチバーと呼ばれる)を一緒に煮込んでにおいを消して食べるのが一般的だ。最高の滋養強壮効果があるといわれ、クスリとして食べられることもあるようだが、食べる人の体質によっては失神、鼻血等の副作用があるという。そんな強いクセも好きな人にとっては、猛烈に食欲をそそられる香りとなり、「ヤギ汁」を”世界一旨い料理”と称える声も聞かれる。食す機会があれば試してみてはどうだろうか?

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • しし鍋(しし汁)

    奈良県

    かねてから奈良の山間部に多く生きていた猪を使った体が温まる鍋

    しし鍋(しし汁)

  • スズキの奉書焼き

    島根県

    宍道湖の幸スズキの蒸し焼き

    スズキの奉書焼き

  • 焼きまんじゅう

    群馬県

    口いっぱいにほおばった子供の頃を思い出す、群馬懐かしの味

    焼きまんじゅう

  • なめろう

    千葉県

    鮮度が命の“漁師飯”は酒の肴にも。定番のアジやカツオで

    なめろう

TOPに戻る