きびなごのほうかぶり

高知県

伝統的郷土料理

おからをきびなごで包んだヘルシー料理

きびなごのほうかぶり

きびなごは、初夏から秋にかけてがシーズンになる。 「おから」のことを「きらず」ともいい、きびなごでなくいわしを使った「ろくやた」という郷土料理もある。

郷土料理レシピ

分量 : 1人前

  • きびなご150g
  • 小さじ1/2

[ 具 ]

  • おから400g
  • 生姜20g
  • 砂糖150g
  • 90g
  • 小さじ1/4
  • しょうゆ小さじ1

[ 調味料A ]

  • 100ml
  • 砂糖小さじ1
  • 小さじ1
1.
きびなごは手で腹開きにする。
2.
1.に塩をふりかけ10分くらいおく。
3.
生姜はみじん切りにして、おから、調味料と混ぜて弱火で炒める。さっと火が通るぐらいでよい。
4.
きびなごをさっと水洗いして、調味料Aを合わせたものに身が白くなるまでつけ込む。
5.
3.の具が冷めたら団子(1個約25g)に丸めてきびなごをかぶせる。

資料提供 : おいしい風土こうち

郷土料理

魚介

  • さんが焼き

    千葉県

    海を知り尽くした漁師による“漁師料理”の、まろやかな美味しさ

    さんが焼き

  • てっぱい

    香川県

    冬の客膳には欠かせない

    てっぱい

  • みりん干し

    長崎県

    熱々ご飯や酒の肴にぴったり。甘いタレが香ばしい旨みの宝庫

    みりん干し

  • ひゅうが丼

    大分県

    海の男達が豪快に船上で食した津久見市保戸島発祥の郷土料理

    ひゅうが丼

TOPに戻る