下北みそ貝焼き

青森県

伝統的郷土料理

ホタテや海藻など海の恵みを卵でふんわりと

下北みそ貝焼き

江戸時代、ホタテ貝を鍋代わりにし、だしと魚の切り身を入れ、自家製の味噌を溶いて作った漁師料理が伝わったとされている。下北地方の貝焼きは、布海苔や松藻などの海藻と、ウニ、イカ、ホタテなどの海の幸たっぷりの具材が入っているのが特徴。

資料提供 : 青森県農林水産部 総合販売戦略課

煮もの

郷土料理

  • さくら丼

    長野県

    桜色の上質な馬肉の丼、多彩なアレンジはここだけ?

    さくら丼

  • 栗おこわ

    佐賀県

    おくんちの席にかかせない料理

    栗おこわ

  • 亥の子餅

    和歌山県

    秋の収穫を祝う行事食

    亥の子餅

  • もぶり飯(松山鮓)

    愛媛県

    瀬戸内の魚をふんだんに使ったちらし寿司

    もぶり飯(松山鮓)

魚介

TOPに戻る