どんがら汁

山形県

伝統的郷土料理

冬の日本海の、最高の贈り物

どんがら汁

寒の時期、真ダラを身も骨もぶつ切りにし、内蔵も鍋に入れて煮込んだどんがら汁は、冬の庄内・日本海の名物料理。あぶらわた(肝臓)のとろけるような甘さは何とも言えない。また、新鮮なコクある菊わた(白子)を生でポン酢醤油で食べること、これまた、庄内最高の冬の味覚である。この時期になると内陸に住む人たちは、庄内の友人から「寒鱈」が送られてくるのを心待ちをしている。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • 真ダラ内蔵も含め1kg
  • ネギ1/2本
  • 6カップ
  • 味噌大さじ6
  • 岩海苔適量
  • 60cc
  • 少々
1.
真ダラは頭を落とし、内蔵を取り出してから骨ごとぶつ切りにする。
2.
内蔵を適当な大きさに切る。
3.
鍋に湯をわかし、酒、塩を加えまず真ダラのぶつ切りを入れ、しばらくしてから内蔵を入れて煮込む。
4.
時々アクをすくいながら煮込み、9分通り火が通ったら味噌を入れ、最後にネギを入れる。
5.
椀に盛り、岩海苔をのせる。
●短冊に切った大根や、豆腐を入れてもよい。
●酒粕を入れるとまた美味しい。

資料提供 : ふるさと郷土料理探訪

汁もの

郷土料理

  • あわ麩

    京都府

    昔ながらの製法が上品さをかもしだしている「あわ麩」

    あわ麩

  • まんばのけんちゃん

    香川県

    冬場の定番お総菜

    まんばのけんちゃん

  • 柚餅子

    長野県

    ずっと美味しく食べることができる優れた保存食

    柚餅子

  • ひゅうが丼

    大分県

    海の男達が豪快に船上で食した津久見市保戸島発祥の郷土料理

    ひゅうが丼

鍋もの

TOPに戻る