ままかりずし

岡山県

伝統的郷土料理

隣の家に「ママ」を「カリ」に行くほど美味い!

ままかりずし

あまりのおいしさにママ(ご飯)が足りなくなり、となりから、ママを借りて来たために「ママカリ」という名が付けられたと言われている。お祭には、ママカリずしは欠かすことのできないもので、岡山南部地方でママカリといえば、ママカリずしが連想されるほど。岡山県南部では、波静かで天気のよい日、しかも祭や家族の祝いごとなどのあるときは、海へ行ってママカリを釣って来て、ママカリずしをつくるのが習わしのようになっている。

郷土料理レシピ

分量 : 5人前

  • カップ4
  • だし昆布10cm角1枚
  • カップ約4&1/2

[ 合わせ酢 ]

  • 大さじ6
  • 砂糖大さじ3〜4
  • 大さじ1/2

[ ママカリ ]

  • ママカリ10尾
  • 3%
  • カップ約1
  • わさび少々
  • しょうが50g
  • 少々
  • 砂糖少々
  • 少々
1.
鮮度のよいママカリを良く洗って頭を除いて開き、骨を尾の方から抜いて、3%くらいの塩をふり、約30分くらいおき、塩がまわったら酢洗いして余分の塩を落として酢をひたひたになるまで入れ約20分置く
2.
米は洗ってだし昆布を入れて30分以上水につけてから炊き、沸騰前にだし昆布を取り出して少し固めに炊き、約10分くらい蒸らす
3.
合わせ酢を火にかけて砂糖がとけたら、熱いご飯にかけて切るように混ぜる
4.
すし飯がさめたら握りずし程度の大きさに軽く握って、この上にワサビを塗り、酢でしめたママカリをのせて、魚の表から形を整える
5.
しょうがはせん切りにして塩、酢、砂糖を合わせてつけておく。ママカリずしを盛ってしょうがをあしらう

資料提供 : 岡山県郷土文化財団「おかやまの味」

寿司

郷土料理

  • 栗おこわ

    佐賀県

    おくんちの席にかかせない料理

    栗おこわ

  • はたはた寿司

    秋田県

    冬の保存食として作られてきた、秋田を代表する食材の一つ

    はたはた寿司

  • 魚ずし

    宮崎県

    「魚ずし」は新鮮で脂の乗った寒鯖を使った贅沢なサバ寿司

    魚ずし

  • いぎす豆腐

    愛媛県

    地元でとれる海藻をつかった夏の味覚

    いぎす豆腐

魚介

  • 棒鱈煮

    山形県

    お盆には欠かせない郷土料理。鱈の旨味が凝縮された一品

    棒鱈煮

  • クジラかつ

    佐賀県

    臭みなし!さっぱり美味しい朝市名物を召し上がれ

    クジラかつ

  • ふく料理

    山口県

    伊藤博文「お墨付き」。下関のふく(福)料理

    ふく料理

  • あんこう料理

    茨城県

    「西のふぐに、東のあんこう」茨城県、冬の味覚

    あんこう料理

TOPに戻る