あんこう料理

茨城県

伝統的郷土料理

「西のふぐに、東のあんこう」茨城県、冬の味覚

あんこう料理

茨城県沖ではあんこう漁が盛んで、あんこう鍋、あん肝、どぶ汁、唐揚げ、共酢和えなど様々な形の料理が存在する。あんこうの肝、胃、卵巣、皮、ひれ、えら、身の部位は「あんこうの七つ道具」と呼ばれ、「骨以外はすべて食す」とも言われ、部位により様々な食感を楽しめる。また、さばき方に特徴があり、まな板の上でさばきづらい大きなあんこうは独特な方法の「つるし切り」で調理される。現在も肌寒い季節となると、魚屋や飲食店にあんこうが並び、様々な調理法によって楽しまれている。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

魚介

  • さんが焼き

    千葉県

    海を知り尽くした漁師による“漁師料理”の、まろやかな美味しさ

    さんが焼き

  • アユの石焼き

    新潟県

    アユの肝のほろ苦さと、焼き味噌の香ばしさがたまらない

    アユの石焼き

  • うれしの

    大分県

    殿様が「うれしいのう」と喜んだ鯛のごはん

    うれしの

  • かに料理

    兵庫県

    歯応えあるプリプリした身。甘い汁はこぼれ落ちるほどジューシー

    かに料理

TOPに戻る