冷や汁

宮崎県

伝統的郷土料理

夏バテ解消にピッタリ。冷たい味噌汁をぶっかけて食べるご当地汁

冷や汁

魚のすり身に炙った味噌、すりごまなどを合わせたものを、魚の頭や骨、昆布などでとっただし汁で伸ばし、豆腐を加え、冷えた麦飯にかけて食べる郷土料理。使う魚は様々ですが、一般的にはアジやトビウオ、カマスなどを使用。古くは鎌倉時代の書、鎌倉管領家記録に「武家にては飯に汁かけ参らせ候、僧侶にては冷汁をかけ参らせ候」と記されていた。これが全国に広がったが、特に夏の厳しい宮崎県の風土に適して郷土料理として定着するようになった。現在でも宮崎県の家庭では一般的に食されている。

郷土料理レシピ

分量 : 6人前

  • 木綿豆腐360g
  • みょうが適量
  • しその葉適量
  • きゅうり適量
  • 煎り胡麻適量
  • 適量
  • かつお出汁650~750cc

[ A ]

  • 麦味噌110g
  • いわしのいりこ(粉末) 55g ※焼きアジのほぐし身でも可
  • ピーナッツ(粗みじん)55g
  • 白ごま25g
1.
木綿豆腐は食べやすい大きさに切る。きゅうりは輪切り。みょうがとしその葉は千切りにする。
2.
材料内【A】をボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。
3.
②をフライパンに入れ、きつね色になるまで弱火で炒める。
4.
③とかつお出汁をミキサーに入れ3分間回す。
5.
器に④を適量入れ、砕いた氷を入れて冷や汁を作る。ご飯の上に木綿豆腐ときゅうり、みょうが しその葉をのせ、煎り胡麻をふりかける。ご飯に冷や汁をかけて完成。

資料提供 : 農山漁村の郷土料理百選

汁もの

  • 粕汁

    山形県

    酒処の上質な酒かすの汁で寒い冬も体の芯からぽっかぽか

    粕汁

  • いもこ汁(村山風)

    山形県

    山形の風物詩、河原での芋煮会。村山風は牛肉使用、醤油仕立てが特徴

    いもこ汁(村山風)

  • 鶏肉のしんず

    沖縄県

    塩仕立てであっさりと仕上げられたシンプルな鶏汁

    鶏肉のしんず

  • いものこ汁

    秋田県

    しいたけ・山菜・野菜、地鶏など秋の味覚いっぱいの具沢山汁!

    いものこ汁

郷土料理

  • 山人料理

    福島県

    山里で収穫された幸を愉しむ知恵

    山人料理

  • ゆべし

    埼玉県

    柚子の中に詰め物をした保存食

    ゆべし

  • りゅうきゅう

    大分県

    沖縄の名を冠した大分名物。そのルーツは沖縄の漁師料理

    りゅうきゅう

  • ちゃんこ鍋

    東京都

    力士の身体作りに欠かせない言わずとしれた鍋料理!

    ちゃんこ鍋

TOPに戻る