にゅうめん

奈良県

伝統的郷土料理

「にゅうめん」は奈良県三輪山麓が発祥の郷土料理

にゅうめん

にゅうめんとは、素麺を温かいダシで食べる料理で、全国的に知られてはいるが奈良県が発祥の郷土料理。そうめんは奈良時代に唐(中国)の国から伝来した手法で、神話の三輪伝説から大和の中央にある三輪山麓が発生の地といわれ、現在も三輪そうめんとして有名。にゅうめんは、漢字で書くと「煮麺」となるが、その字の通りそうめんを煮たもので、冬は温かく、夏は冷やして季節の具を上に飾る。にゅうめんには、県産三輪素麺の中でも製造から1年以上経過したコシのある涸物(ひねもの)が適している。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

麺

  • 石巻焼きそば

    宮城県

    衝撃!調理前から茶色い、不思議な焼そば

    石巻焼きそば

  • 鯛麺

    岡山県

    季節の薬味や海産物で飾る瀬戸内のもてなし料理

    鯛麺

  • 唐揚げそば

    千葉県

    駅のホームで食べるご当地グルメ!我孫子の唐揚げそば

    唐揚げそば

  • たらいうどん

    徳島県

    たらいで食べるうどん

    たらいうどん

TOPに戻る