ちたけそば

栃木県

伝統的郷土料理

豊かな山の幸で食すそば

ちたけそば

煮込んだ「ちたけ(乳茸)」というキノコを入れた、そばやうどんのこと。ちたけそばは栃木県独特の食べ方で、ちたけの採れる夏のごちそう。ちたけの香りでそばが一段と美味しくなる。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • ちたけ100g
  • なす150g
  • 大さじ3
  • 少々
  • だし汁6カップ
  • しょうゆ140ml
  • 砂糖大さじ1
  • みりん大さじ3
  • 薬味(ねぎ)30g
  • そば(ゆでたもの)4人分
1.
ちたけは土のついている部分を除き、食べやすい大きさに切る。
小さいものはそのままで塩水に10分程度浸し水をきる。
2.
なすは、皮付きのまま縦半分にし半月に切り水に10分程度浸し水をきる。
3.
鍋に油を熱し、①のちたけと②のなすを香りの出るまでよく炒める。
4.
だし汁を加えてひと煮立ちさせしょうゆ、砂糖、みりんを加えて、軽く煮る。
5.
そばを丼にいれ、④のちたけ汁をかける。
6.
ねぎは小口切りにし、薬味にのせる。

資料提供 : 「子や孫に伝えたい郷土の料理とちぎ」発行栃木県農業者懇談会

郷土料理

  • もち膳

    岩手県

    江戸時代から受け継がれる、“もち”づくしのお膳

    もち膳

  • がね

    鹿児島県

    カニに似ていることから名付けられた野菜の揚げもの

    がね

  • 鯛茶漬け

    新潟県

    身が引き締まった鯛にサッとお茶をかけて。味の変化を楽しめる

    鯛茶漬け

  • 西京漬

    京都府

    魚や肉を長持ちさせるための先人たちの知恵が生み出したひと品

    西京漬

麺

TOPに戻る