うどん

京都府

伝統的郷土料理

京うどんはだしが絡みやすく、だしを吸いやすい中細麺が特徴

うどん

京の食を支えてきた北の食材が美味しい京うどんになった。京ブランド認定商品『京のおうどん どうどす』の小麦は北海道岩見沢で栽培・収穫された「キタノカオリ」を使用している。生産者のJAいわみざわキタノカオリグループではおいしい小麦が収穫できるようにと、丹精込めて生産を行っている。京のおうどんの特徴はおだしとの絶妙の相性の良さ。柔らかいのにコシがあり、おだしによく馴染むのである。理由は小麦粉を塩水で練り、丹念に熟成させた昔ながらの素朴でシンプルなめんだからである。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • ゆべし

    富山県

    保存食・携帯食として定着した加工食品

    ゆべし

  • 六兵衛

    長崎県

    昔ながらのさつまいも麺

    六兵衛

  • きらずもち

    高知県

    佐川町尾川地区だけで作られていた餅

    きらずもち

  • 下北みそ貝焼き

    青森県

    ホタテや海藻など海の恵みを卵でふんわりと

    下北みそ貝焼き

麺

  • かつおラーメン

    鹿児島県

    「かつおの町」で有名な枕崎市が自信を持って送り出す新名物

    かつおラーメン

  • 肱川らーめん

    愛媛県

    細麺とさっぱり味のスープが絡み合う、町の名を冠した特産品

    肱川らーめん

  • 戸畑チャンポン

    福岡県

    やさしく、懐かしい゛とばたっ子゛なじみんも味

    戸畑チャンポン

  • スパカツ

    北海道

    熱々の鉄板の上に、パスタとカツ、ミートソースがダイナミックに

    スパカツ

TOPに戻る