うどん

京都府

伝統的郷土料理

京うどんはだしが絡みやすく、だしを吸いやすい中細麺が特徴

うどん

京の食を支えてきた北の食材が美味しい京うどんになった。京ブランド認定商品『京のおうどん どうどす』の小麦は北海道岩見沢で栽培・収穫された「キタノカオリ」を使用している。生産者のJAいわみざわキタノカオリグループではおいしい小麦が収穫できるようにと、丹精込めて生産を行っている。京のおうどんの特徴はおだしとの絶妙の相性の良さ。柔らかいのにコシがあり、おだしによく馴染むのである。理由は小麦粉を塩水で練り、丹念に熟成させた昔ながらの素朴でシンプルなめんだからである。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • 肥前茶粥

    佐賀県

    粉茶を入れて炊き込んだサラサラのお粥

    肥前茶粥

  • ホンモロコ料理

    滋賀県

    琵琶湖特有のホンモロコは炭火で焼いて生姜醤油で食べる素焼きが絶品

    ホンモロコ料理

  • タラの子和え

    青森県

    コクと弾力がたまらない!タラの身や皮、肝を和えた郷土料理

    タラの子和え

  • こづゆ

    福島県

    「会津人のもてなしの心」が会津椀につまる

    こづゆ

麺

TOPに戻る