うどん

京都府

伝統的郷土料理

京うどんはだしが絡みやすく、だしを吸いやすい中細麺が特徴

うどん

京の食を支えてきた北の食材が美味しい京うどんになった。京ブランド認定商品『京のおうどん どうどす』の小麦は北海道岩見沢で栽培・収穫された「キタノカオリ」を使用している。生産者のJAいわみざわキタノカオリグループではおいしい小麦が収穫できるようにと、丹精込めて生産を行っている。京のおうどんの特徴はおだしとの絶妙の相性の良さ。柔らかいのにコシがあり、おだしによく馴染むのである。理由は小麦粉を塩水で練り、丹念に熟成させた昔ながらの素朴でシンプルなめんだからである。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • 桜の花漬

    神奈川県

    7分咲きの八重桜を塩と白梅酢で漬け込んだ、優雅な小田原の名産

    桜の花漬

  • 鯛の唐蒸し

    石川県

    九谷焼の大皿い豪快に、豪華に盛り付け!

    鯛の唐蒸し

  • ばらずし

    岡山県

    倹約令をかいくぐるための工夫からうまれたハレの食

    ばらずし

  • まんばのけんちゃん

    香川県

    冬場の定番お総菜

    まんばのけんちゃん

麺

TOPに戻る