タラの子和え

青森県

伝統的郷土料理

コクと弾力がたまらない!タラの身や皮、肝を和えた郷土料理

タラの子和え

青森には、和える材料と和え衣を同じ食材から作る“共和え”と呼ばれる料理が古くから根づいている。“タラの共和え”は、“真ダラ”を使って作られた一品で、身や皮をしょうゆや味噌で味付けされた肝と和えていただく料理。コリコリとした身の弾力と芳醇でコクのある和え衣がよく合い、特に日本酒好きにはたまらない一品だ。もちろん、炊き立ての白米にのせて味わうのもお薦め。食材をまるごと使い切るというこの土地ならではの食文化に触れられる季節の料理を旅先でゆったりと楽しみたい。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • ひもかわうどん

    群馬県

    その太さは迫力大!小麦の産地が生み出した幅広麺

    ひもかわうどん

  • 鶏飯(けいはん)

    鹿児島県

    約370年前から奄美に伝わるおもてなし料理

    鶏飯(けいはん)

  • 卓袱料理

    長崎県

    円卓に広がる長崎文化の祝宴

    卓袱料理

  • 美酒鍋

    広島県

    日本酒と塩・胡椒で味付けする宴会料理

    美酒鍋

TOPに戻る