タラの子和え

青森県

伝統的郷土料理

コクと弾力がたまらない!タラの身や皮、肝を和えた郷土料理

タラの子和え

青森には、和える材料と和え衣を同じ食材から作る“共和え”と呼ばれる料理が古くから根づいている。“タラの共和え”は、“真ダラ”を使って作られた一品で、身や皮をしょうゆや味噌で味付けされた肝と和えていただく料理。コリコリとした身の弾力と芳醇でコクのある和え衣がよく合い、特に日本酒好きにはたまらない一品だ。もちろん、炊き立ての白米にのせて味わうのもお薦め。食材をまるごと使い切るというこの土地ならではの食文化に触れられる季節の料理を旅先でゆったりと楽しみたい。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • イサザのじゅんじゅん

    滋賀県

    じゅんじゅんとは、すき焼きのこと!

    イサザのじゅんじゅん

  • がん汁

    大分県

    生きた蟹を使ったワイルドな料理

    がん汁

  • えび豆

    滋賀県

    海老のように、腰が曲がるまで

    えび豆

  • 柚べし

    奈良県

    修験者や十津川郷士が欠かさなかった伝統保存食

    柚べし

TOPに戻る