いたどりの炒め物

高知県

伝統的郷土料理

高知の春を告げる食材で作る

いたどりの炒め物

昔から、どこにでも自生していて、4~5月にかけて採れる高知ならではの食材。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • 塩漬いたどり200g
  • 天ぷら1枚
  • 砂糖少々
  • しょう油20cc
  • 適宜
1.
いたどりは水にさらして塩抜きをし、3~4cmの長さに切る。
※生のいたどりは、皮をはいで熱湯に入れる。すぐにとり出して冷水にとり、半日~1日水にさらして酸味を抜く。
2.
天ぷらは削ぎ切りにする。
3.
鍋に油を熱し、材料を全部一度にすばやく入れて炒める。
4.
いたどりの色が少し変わったら火から下ろす。柔らかくならないように注意する。
※貯蔵用としては、皮をはぎ、20cmほどの長さにそろえて、重石を効かせて塩漬にします。2~3日後、1回に使う量に分けて袋に入れて冷凍しておくと、色がきれいで1年中食べられます。

資料提供 : おいしい風土こうち

郷土料理

  • 吉田うどん

    山梨県

    富士山の湧き水で作られる、
    ハレの日に食べる吉田市のうどん

    吉田うどん

  • にがごりのつくだ煮

    鹿児島県

    夏を感じる独特の苦みを、長く楽しむための工夫

    にがごりのつくだ煮

  • 中身の吸物

    沖縄県

    祝い事には欠かせない沖縄の伝統料理

    中身の吸物

  • みそポテト

    埼玉県

    秩父では手軽な間食として定番。ホクホク感と甘辛味噌ダレが美味

    みそポテト

TOPに戻る