五島うどん地獄炊き

長崎県

伝統的郷土料理

生卵またはあごだしつゆに茹でたうどんをつけて食べる

五島うどん地獄炊き

長崎県の五島列島で作り続けられてきた手延うどんは「幻の五島うどん」と呼ばれている。たっぷりのお湯でゆで上げたあつあつのうどんをしょうゆやあご(トビウオ)だしのたれで食べる「地獄炊き」が地元では定番。 地獄炊きの名は、初めて食べた旅人が「しごくおいしい」とほめたのが、地獄おいしいと聞き間違えたのが、この言葉の由来であるというユニークな説も。

郷土料理レシピ

分量 : 2人前

  • 五島手延べうどん2玉
  • あご(とびうお)だし汁400cc
  • 2個
  • ネギ適宜
  • 醤油適宜
1.
大きめの鍋(または土鍋)にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したところでうどんを入れます。
2.
器に生卵を割りいれ、お好みでねぎなどの薬味としょうゆを入れてかき混ぜておきます。
3.
茹で上がった麺を鍋からじかにとって、(2)につけて食べます。

資料提供 : 長崎農林部農政課

郷土料理

  • ふな焼き

    和歌山県

    那賀地方で戦前から食べられていたおやつ

    ふな焼き

  • マグロのごんぐり煮

    宮崎県

    新鮮なマグロの胃袋を甘辛く煮込んだ絶品の郷土料理

    マグロのごんぐり煮

  • 大山おこわ

    鳥取県

    山の幸をふんだんに使った

    大山おこわ

  • お方ずし

    大分県

    煮豆と焼きアジで作る、郷土の歴史がぎっしり詰まったおすし

    お方ずし

麺

TOPに戻る