耳うどん

栃木県

伝統的郷土料理

お正月の縁起物

耳うどん

佐野市(旧葛生町)の仙波地区の正月料理。耳うどんを食べると、一年中悪いことが聞こえないですむと言われている。干して保存したり、ゆでたものを水に入れ、冷蔵庫で数日は保存ができる。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • 小麦粉(中力粉)500g
  • ぬるま湯(30℃)200〜220ml
  • 大さじ1/2
  • 打ち粉少々

[ 耳うどんの汁 ]

  • 1ℓ
  • しいたけ100g
  • にんじん120g
  • 鶏肉100g
  • 青菜50g
  • かまぼこ50g
  • ねぎ50g
  • だし用かつおぶし30〜50g
  • しょうゆ大さじ5
  • みりん大さじ5
  • 小さじ1
1.
だし汁をつくっておく。
水が沸騰したら、かつお節を入れ軽くひと煮立ちさせ火をとめ、だしのアクをとり、しばらくしてから布巾でこす。
2.
ぬるま湯に、塩を入れよく溶かす。
3.
小麦粉は一度ふるいにかけ大きめのボールに入れる。
4.
①の塩水を少しずつ加え、粉がパラパラになるように手でかき混ぜる。全体がまとまって来たら、よくこね一時間くらいねかす。(生地)
5.
めん板に生地をのせ、めん棒を使い薄く延ばす。(打ち粉は、つかない程度に使う)
6.
うすく延ばせたら、6×4cmのマッチ箱の大きさに切る。
7.
横半分に折り、シャツの襟状に折る。
8.
たっぷりの湯で10分程ゆで水にさらしざるにあげる。
9.
しいたけ、にんじんはせん切り、鶏肉は小さめに切る。
10.
青菜はゆでて3cmに切る。
11.
かまぼこはうす切り。
12.
ねぎは薬味用に小口切り。
13.
だし汁が沸騰したら鶏肉、にんじん、しいたけを煮る。
14.
柔らかくなったら、しょうゆ、みりん、塩で味を整え、耳うどんを入れて、さっと煮る。
15.
器に盛り、上に青菜、かまぼこ、ねぎを飾る。
※汁の具は好みで良い。

資料提供 : 「子や孫に伝えたい郷土の料理とちぎ」発行栃木県農業者懇談会

郷土料理

  • かてそば

    栃木県

    春から夏、冬で変わるそば

    かてそば

  • ホヤ酢

    宮城県

    独特の食感と香りを持つ宮城三陸の味

    ホヤ酢

  • このしろの姿寿司

    熊本県

    江戸時代から伝わる豪快な郷土ずし!

    このしろの姿寿司

  • 美酒鍋

    広島県

    日本酒と塩・胡椒で味付けする宴会料理

    美酒鍋

麺

  • 盛岡じゃじゃ麺

    岩手県

    中国うまれの盛岡育ち、甘辛い肉味噌が特徴の平打ち麺

    盛岡じゃじゃ麺

  • こうのす川幅うどん

    埼玉県

    川幅日本一の「荒川」をイメージした、幅広く滑らかなうどん

    こうのす川幅うどん

  • 信州そば

    長野県

    長野で作られるそばの総称

    信州そば

  • 津軽そば

    青森県

    大豆をつなぎに使用。そばと大豆の甘みがやさしい柔らかいそば

    津軽そば

TOPに戻る