じゃこ寿司

和歌山県

伝統的郷土料理

夏はにぎり寿司、秋は押し寿司。2種の味をぜひお試しあれ!

じゃこ寿司

昔は紀の川でじゃこが豊富に捕れたことから、これを素焼きして煮付けたものを寿司にしました。この寿司は、夏はにぎりで食べ、秋祭りの頃になると寿司箱に押して、一日たって味がなじんだものを食べた。現在じゃこ寿司は商品化され、紀の川市などの特産品になっている。

郷土料理レシピ

分量 : 10人前

  • 1升
  • 昆布10cm
  • 大さじ2
  • 大さじ1

[ 合わせ酢 ]

  • 200cc
  • 砂糖160g
  • 塩、みりん各大さじ1
  • 川じゃこ60尾

[ 煮汁 ]

  • 砂糖大さじ8
  • 醤油大さじ6
  • 大さじ3
  • みりん大さじ2
  • 葉ラン
1.
川じゃこははらわたを取り、炭火で焼き1日くら風干しする。
2.
鍋に焼いたじゃこを入れ、茶番をひたひたに入れて1時間くらい炊く
3.
②の煮汁に調味料を加え、とろ火で1時間ほど煮詰める
4.
米は洗って坐裏にあげ、同僚の水と昆布、酒、塩を入れて炊き、合わせ酢をかけて冷ます
5.
葉ランは洗ってふき、すしおけの長さに切る。すしおけに葉ランを置き、にぎったすし飯と③のじゃこの具をのせ、きちんと詰める。2段目も同じように詰め、軽く重石をして1日くらい置く

資料提供 : 和歌山県 農林水産部 農業生産局 果樹園芸課

寿司

  • めはりずし

    和歌山県

    目を見張るほど大きな口を開けて食べる?郷土寿司

    めはりずし

  • かぶら寿し(石川県)

    石川県

    金沢を代表する正月の定番すし料理

    かぶら寿し(石川県)

  • ふなずし

    滋賀県

    癖があるけどクセになる?全国的に有名ななれ寿司

    ふなずし

  • 魚ずし

    宮崎県

    「魚ずし」は新鮮で脂の乗った寒鯖を使った贅沢なサバ寿司

    魚ずし

郷土料理

  • さえらのてっぽう

    和歌山県

    脂が少なく、小ぶりな一品

    さえらのてっぽう

  • いぎす豆腐

    愛媛県

    地元でとれる海藻をつかった夏の味覚

    いぎす豆腐

  • 温麺

    宮城県

    油を一切使わないヘルシーな手延乾麺は、長さも短く喉ごしも◎

    温麺

  • なめろう

    千葉県

    鮮度が命の“漁師飯”は酒の肴にも。定番のアジやカツオで

    なめろう

魚介

TOPに戻る