地鶏の炭火焼き

宮崎県

伝統的郷土料理

鶏の旨味と炭の薫りがたまらない。焼酎やビールとの相性は抜群!

地鶏の炭火焼き

小口切りにした地鶏を、塩こしょうで下味をつけ、強火の炭火で炭の色が付くまで黒々とこんがり焼き上げた一品。炭火による燻製のような独特の香りが特徴。古くから宮崎県及び鹿児島県で飼育されていた「地頭鶏」が天然記念物に指定されたため、新たに食用として外来種の鶏との交配で産み出された地鶏が「みやざき地頭鶏(じとっこ)」となり、宮崎県を代表する地鶏となり、それを使った炭火焼きが郷土料理として知られるようになった。現在では加工技術の向上による真空包装のおかげもあり、燻製や炭火焼のお土産品も大変人気がある。

郷土料理レシピ

分量 : 2人前

  • 骨付きもも肉1本
  • 適量
  • 七味唐辛子適量
  • 一味唐辛子適量
  • 柚子胡椒適量
  • 鶏油(チーユ)適量 ※サラダ油でも可
1.
骨付きもも肉をひらいて包丁で筋を取り、手の平を使って塩をなじませる。
2.
炭火で表面に焼き目をつけ、皮に1~1.5cm程度で5,6本、切れ目を入れる。
3.
再度、もも肉を強火で素早く焼く。炭にもも肉の油が落ちず火が立たない場合は、鶏油かサラダ油をさっと炭にかけて火を立たせ、鶏肉に炭の香りをうつす。
4.
皮がパリっとする程度に焼き上がったら骨からばらし、ひと口大にする。
5.
骨周りの部分を、再度焼く。
6.
お皿に盛り、完成。
7.
七味唐辛子、一味唐辛子、柚子胡椒をそえて完成。

資料提供 : 農山漁村の郷土料理百選

肉

郷土料理

  • 西馬音内そば

    秋田県

    海苔の豊かな風味を感じる手打ち麺。冬でも「冷やがけ」が定番

    西馬音内そば

  • ばらずし

    岡山県

    倹約令をかいくぐるための工夫からうまれたハレの食

    ばらずし

  • ドゥルワカシー

    沖縄県

    祝い事に欠かせない料理。名前のルーツの「泥沸かし」とは?

    ドゥルワカシー

  • ぼうせの姿寿司

    徳島県

    秋祭りには欠かせない白身魚の押し寿司

    ぼうせの姿寿司

TOPに戻る