いなごいり

山形県

伝統的郷土料理

かつての農村の貴重なタンパク源

いなごいり

からりと香ばしい要りいなご。生のいなごを茹でてから、油、砂糖、醤油、みりんで弱火でじっくり炒り煮をします。水飴を使ってしっとりとした佃煮にすることもあります。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • いなご1kg
  • 砂糖650g
  • 醤油300cc
  • 300cc
1.
捕ったいなごを麻袋の中に2〜3時間ほどおき、糞を出させてから大鍋で茹でる。
2.
茹でたいなごを洗ってから水を切る。
3.
食べやすいように足を取り除く場合は、袋にいれ、一度冷凍してから袋ごともみほぐし、ざるなどでふるって足を取り除く。
4.
砂糖、醤油、酒を混ぜて煮立てて、いなごを煮込む。
5.
はじめは強火、すぎに中火にして30〜40分間煮る。
6.
煮汁が少なくなったら、へらでかき混ぜながらさらに20分ほど煮詰めていく。
●大きめの鍋を使うと作りやすい。

資料提供 : やまがた郷土料理探訪

煮もの

郷土料理

  • はもの落とし

    京都府

    活はもでないと作れない!見た目にも涼やかな夏のはも料理の定番

    はもの落とし

  • もち膳

    岩手県

    江戸時代から受け継がれる、“もち”づくしのお膳

    もち膳

  • つゆはっと

    宮城県

    油麩からあふれる汁とつるつるののど越しのはっとで冬を乗り切る

    つゆはっと

  • 三輪そうめん

    奈良県

    伊勢参りの人々によって広まった大和のご馳走

    三輪そうめん

鍋もの

TOPに戻る