いなごいり

山形県

伝統的郷土料理

かつての農村の貴重なタンパク源

いなごいり

からりと香ばしい要りいなご。生のいなごを茹でてから、油、砂糖、醤油、みりんで弱火でじっくり炒り煮をします。水飴を使ってしっとりとした佃煮にすることもあります。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • いなご1kg
  • 砂糖650g
  • 醤油300cc
  • 300cc
1.
捕ったいなごを麻袋の中に2〜3時間ほどおき、糞を出させてから大鍋で茹でる。
2.
茹でたいなごを洗ってから水を切る。
3.
食べやすいように足を取り除く場合は、袋にいれ、一度冷凍してから袋ごともみほぐし、ざるなどでふるって足を取り除く。
4.
砂糖、醤油、酒を混ぜて煮立てて、いなごを煮込む。
5.
はじめは強火、すぎに中火にして30〜40分間煮る。
6.
煮汁が少なくなったら、へらでかき混ぜながらさらに20分ほど煮詰めていく。
●大きめの鍋を使うと作りやすい。

資料提供 : やまがた郷土料理探訪

煮もの

  • トロ湯葉煮

    京都府

    柔らか湯葉を煮込んだ料理、熱燗のお供にいかが?

    トロ湯葉煮

  • いとこ煮

    栃木県

    冬至に食べると風邪をひかないと言われる

    いとこ煮

  • スケトの沖汁

    新潟県

    スケソウ鱈を使った豪快な漁師料理!

    スケトの沖汁

  • 冷汁

    山形県

    元気が出る、力が漲る、具だくさんおひたし

    冷汁

郷土料理

  • みそポテト

    埼玉県

    秩父では手軽な間食として定番。ホクホク感と甘辛味噌ダレが美味

    みそポテト

  • 鮒の甘露煮

    栃木県

    正月には欠かせない縁起物

    鮒の甘露煮

  • 永平寺のごま豆腐

    福井県

    豊かな香りとなめらかでもっちりした味わい。精進料理の代表格

    永平寺のごま豆腐

  • イギス

    大分県

    海藻を溶かし固めた身近なおかず

    イギス

鍋もの

TOPに戻る