下仁田ねぎ料理

群馬県

伝統的郷土料理

火を通してトロっとした食感と
独特の甘さを実感できる料理の数々

下仁田ねぎ料理

群馬のブランド野菜の一つで「殿様ねぎ」とも言われる「下仁田ねぎ」は、鍋などで煮込むと独特の甘みが出るのが特色で、食通の方々の間で珍重されている。この特色を生かし、すき焼き、よせ鍋、焼きねぎの田楽、お雑煮、下仁田ねぎコロッケ、ねぎぬた、ねぎ湯などの料理で美味しくいただける。旬である霜が降りる時期の11月末〜12月の「本場の下仁田ねぎ」の太い白根部分は、煮込んでも焼いてもトロっとした食感と豊かな甘味が出て、大変美味である。

資料提供 : ぐるたび(画像:下仁田こんにゃく観光センター株式会社)

郷土料理

  • きらすまめし

    大分県

    刺身の切れ端におからをまぶした倹約料理

    きらすまめし

  • ちりめん山椒

    京都府

    ご飯のおとも第1位!ピリリと香る山椒とじゃこの旨みが最高

    ちりめん山椒

  • かにまき汁

    宮崎県

    川に生息する山太郎かにで作られるふんわり濃厚な絶品の汁

    かにまき汁

  • 笠戸ひらめ寿司

    山口県

    ふぐに匹敵する高級魚。特にえんがわの食感は絶品!

    笠戸ひらめ寿司

鍋もの

TOPに戻る