たらおさの煮しめ

大分県

伝統的郷土料理

お盆には欠かせない内蔵の干物の煮しめ

たらおさの煮しめ

玖珠・日田・下毛地方に伝わる料理。
タラオサ(鱈胃)はエラから腹わたまで続いた内蔵の干物で、盆料理には欠かせない。精進を建前とする盆料理でも、タラオサの煮しめだけは昔からどの家でも必ず作られている。昔は海の魚が手に入りにくく、干物でも貴重品だったため、客が集まるお盆にご馳走としてだされたのではないか、という説もある。

郷土料理レシピ

  • 干しタラオサ100g
  • 干しタケノコ100g
  • こんにゃく1丁
  • しょうゆ120cc
  • 黒砂糖(きざら)150〜200g
  • 800cc
1.
タラオサとタケノコは一晩、水につけてもどしておく。
タケノコはゆがいて、そのままゆで汁に一晩ほどつけておくとやわらかくなる。
2.
戻したたけのこは2cmくらいの斜め切り、タラオサは一口大に切る。
こんにゃくは2cmくらいの短冊切りにする。
3.
鍋に水を入れ、タケノコ、タラオサ、こんにゃくを入れ、弱火で1時間くらい煮る。
砂糖、しょうゆで味をつけ、さらに2時間くらい煮る。

資料提供 : 〜伝えたい〜おおいた ふるさとの味

煮もの

郷土料理

  • でこまわし

    徳島県

    地元のじゃがいもやそば団子をさした串焼き

    でこまわし

  • りゅうきゅう

    大分県

    沖縄の名を冠した大分名物。そのルーツは沖縄の漁師料理

    りゅうきゅう

  • ソースカツ丼(群馬県)

    群馬県

    前橋市・桐生市のご当地グルメ。ご飯との相性抜群でたっぷりと

    ソースカツ丼(群馬県)

  • お方ずし

    大分県

    煮豆と焼きアジで作る、郷土の歴史がぎっしり詰まったおすし

    お方ずし

TOPに戻る