手打ちうどん

香川県

伝統的郷土料理

香川を代表するソウルフード

手打ちうどん

香川県は雨量が少なく温暖な気候に恵まれ、良質な小麦が取れていた。うどんに欠かせない塩も、遠浅で、潮の干満の差が大きな砂浜と、雨の少ない気候が塩作りに適していた。また、だしの素材となるいりこ(煮干し)の原料となるかたくちいわしが、伊吹島周辺や瀬戸内海などで豊富にとれたこと、しょうゆが小豆島で生産されていたなど、うどんやだしの材料がいずれも地元にあり、さらに讃岐人の器用さもあって、讃岐でうどんが定着し、うどんと言えば讃岐と言われるようになった。

郷土料理レシピ

[ 夏 ]

  • 小麦粉500g
  • 225cc
  • 25g

[ 春、秋 ]

  • 小麦粉500g
  • 230cc
  • 20g

[ 冬 ]

  • 小麦粉500g
  • 235cc
  • 15g
1.
分量の塩を水によく溶かしておく
2.
粉をかき混ぜながら塩水を少量ずつ加え、全体に均一に水分が行き渡るようにする。
3.
丸い団子にまとめ、袋に入れ、ござ等をかぶせて、足で踏み、また丸めて足踏みを繰り返す
4.
③をビニール袋に入れて寝かす
(夏:30分〜60分、春・秋:1〜2時間、冬:2〜3時間)
5.
④を足踏みして2cmくらいの厚さにした後、記事に打ち粉をしながら麺棒で伸ばす
6.
生地をびょうぶたたたみにし、3〜4mm幅に切る。麺の真ん中を持ち、叩き付けるようにしてほぐす。
7.
たっぷりの湯で10分〜12分くらい茹でる
(入れた時、麺がくっつかないように棒で軽く混ぜる)
8.
ゆで上がったらざるに上げ、水洗いし、手でもんで表面のぬめりを取る。玉取りして出来上がり

資料提供 : 香川県 農政水産部 農業経営課

郷土料理

  • 切り株揚げ

    埼玉県

    「富の川越いも」をけやきの切り株に見立てた、いもの天ぷら

    切り株揚げ

  • べろべろ餅

    山形県

    べろべろべろ~と生まれた細長い、うるち米のおもち

    べろべろ餅

  • 昆布〆

    富山県

    魚介本来の旨みに、上品な香りが重なり、ふくよかな味わいに

    昆布〆

  • しじみ汁

    島根県

    宍道湖七珍(しんじこしっちん)に数えられる島根を代表する味

    しじみ汁

麺

TOPに戻る