冷汁うどん

埼玉県

伝統的郷土料理

うどんを好む埼玉県で定着した食べ方

冷汁うどん

昔からこの地域の農民の間では、うどんが多く食されており、うどんは地域を代表する料理のひとつである。『朝まんじゅうに昼うどん』と言われるように、お米の代わりに各家庭でうどんを打って食していた。冷や汁うどんは、味噌とゴマ、砂糖などにだし汁を加えたつゆに、うどんを浸して食べるようになったことから生まれた。簡単に美味しく食べられ、栄養価も高いために広く伝わったと言われている。

資料提供 : 埼玉県 産業労働部 観光課

郷土料理

  • けの汁

    青森県

    津軽の七草粥ともいわれる小正月の精進料理。

    けの汁

  • 豆腐の梅酢漬け

    高知県

    チーズのような食感。昔ながらの常備食

    豆腐の梅酢漬け

  • 亥の子餅

    和歌山県

    秋の収穫を祝う行事食

    亥の子餅

  • 芭蕉菜漬け

    岩手県

    ご飯に巻いても、お茶漬けにしても…辛みが良い色鮮やかな新漬

    芭蕉菜漬け

麺

  • 耳うどん

    栃木県

    お正月の縁起物

    耳うどん

  • 鯛麺

    大分県

    大きな鯛を大皿に盛りつけたおめでたい料理

    鯛麺

  • のらぼう菜うどん

    埼玉県

    地域に根付く「のらぼう菜」を使用した、春を感じさせる逸品

    のらぼう菜うどん

  • 出雲そば

    島根県

    救荒作物から独自の文化になった出雲そば

    出雲そば

TOPに戻る