いとこ煮

富山県

伝統的郷土料理

北陸地方の代表的煮物料理

いとこ煮

小豆などを煮た料理で、北陸地方で広く食される。煮えにくい材料から追々鍋の中に入れていく事から、「おいおい」、「甥甥」となったのが語源とされている。地域によって入れる具材に差があるが、大根、芋類、ごぼうなどを中心としたものが一般的。もともとは神に供えた食べ物を寄せ集めて煮ることから始まった。

郷土料理レシピ

分量 : 4人前

  • 大根200g
  • 人参100g
  • さといも150g
  • ごぼう100g
  • こんにゃく1/2枚
  • 油揚げ130g
  • 小豆乾物で1カップ、煮小豆で2カップ
  • 5カップ

[ 調味料 ]

  • しょうゆ大さじ2
  • 小さじ1
1.
小豆は柔らかく煮る。
2.
油揚げとコンニャクは湯通しし、さいの目に切る。
3.
大根・人参・さといも・ごぼうは皮をむき、さいの目に切る。ごぼうはさいの目に切った後、水にさらしアクを抜く。
4.
鍋に野菜や油揚げ・コンニャク・分量の水を加え、柔らかく煮る。
5.
野菜等が柔らかくなったら、小豆とAを加える。

資料提供 : 越中とやま 食の王国

煮もの

郷土料理

  • 福神漬

    東京都

    起源は江戸時代初期までさかのぼる、東京の歴史を感じる名産品

    福神漬

  • あんこう料理

    茨城県

    「西のふぐに、東のあんこう」茨城県、冬の味覚

    あんこう料理

  • しのうどん

    岡山県

    円通寺で修行者が好んで食べたと言われる良寛ゆかりの玉島名物

    しのうどん

  • ふかの湯ざらし

    愛媛県

    手間ひまかけたサメの切り身に酢みそがきいた一品

    ふかの湯ざらし

TOPに戻る