袋井宿たまごふわふわ

静岡県

伝統的郷土料理

日本最古のたまご料理

袋井宿たまごふわふわ

実に奇妙な名前ですが、れっきとした江戸時代の名物料理で、日本最古のたまご料理で、現在の数多いたまご料理の原点となったものだ。1813年大坂の豪商、升屋平右衛門の「仙台下向日記」には、袋井宿大田本陣で朝食の膳に載ったとされ、将軍家の饗応料理の献立にあります。また、弥次喜多の「東海道中膝栗毛」では茶店の食事にも登場し、新撰組の「近藤勇」も大好物だったとか。材料は、たまごとだし汁でシンプルであるが、作り方は「ふわっ」と仕上げるためにコツが必要なのだ。食感はこれまでのたまご料理に比べて、舌触りのふんわり感が違うと言われている。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • 柚べし

    奈良県

    修験者や十津川郷士が欠かさなかった伝統保存食

    柚べし

  • スズキの奉書焼き

    島根県

    宍道湖の幸スズキの蒸し焼き

    スズキの奉書焼き

  • 鰹節

    高知県

    旨味凝縮!熟成させるほどに極上となる日本の伝統食品

    鰹節

  • 桜の花漬

    神奈川県

    7分咲きの八重桜を塩と白梅酢で漬け込んだ、優雅な小田原の名産

    桜の花漬

TOPに戻る