しょうゆ餅

愛媛県

伝統的郷土料理

ひなまつりを祝う松山のお菓子

しょうゆ餅

上新粉、砂糖、醤油からつくられる松山の郷土菓子。
江戸時代初期に松山藩祖 久松定勝が、家臣の繁栄を願って、桃の節句にしょうゆ餅をつくり、分け与えたのが始まりとされる。

その後、ひな祭りに各家庭で作られるようになり、松山のおふくろの味として伝えられてきた。
現在では土産物店でも売られており、あん入りのしょうゆ餅を販売する店もある。

資料提供 : いよ観ネット

菓子

郷土料理

  • ふかの湯ざらし

    愛媛県

    手間ひまかけたサメの切り身に酢みそがきいた一品

    ふかの湯ざらし

  • 飯寿司

    青森県

    伝統発酵食品「飯寿司」

    飯寿司

  • 桜島大根の粕漬

    鹿児島県

    桜島大根のサクサクした食感、滑らかな舌触り、濃厚な香りが美味

    桜島大根の粕漬

  • かきまぶり

    和歌山県

    代々伝わる、田植え休みなどのごちそう

    かきまぶり

餅・団子

TOPに戻る