じゃこ天

愛媛県

伝統的郷土料理

愛媛県民なら必ず知っている練り製品

じゃこ天

愛媛県民なら知らない人はいない、ポピュラーな食べ物。
宇和海で獲れる新鮮な小魚(雑魚)を皮付きのまますり身にして、小判型に形成して揚げた練り製品。名前の由来は、『雑魚天(ざこてん)』が変化して、『じゃこ天』になったと言われている。小魚のうまみが凝縮されており、風味が豊か。小魚に含まれるカルシウム、DHA、EPAが豊富な、健康にも良い一品。

資料提供 : いよ観ネット

郷土料理

  • こづゆ

    福島県

    「会津人のもてなしの心」が会津椀につまる

    こづゆ

  • 石焼料理

    長崎県

    最後まであつあつが食べられる

    石焼料理

  • しっぽくうどん

    香川県

    冬にも美味しくうどんを食べる知恵

    しっぽくうどん

  • 鶏汁

    新潟県

    国仲平野に位置する旧真野町の郷土料理

    鶏汁

魚介

  • みりん干し

    長崎県

    熱々ご飯や酒の肴にぴったり。甘いタレが香ばしい旨みの宝庫

    みりん干し

  • 粕イカ

    北海道

    新鮮なイカを漬け込んだ粕漬けは、独特の味わいが酒の肴に最適

    粕イカ

  • いか刺し

    北海道

    コリコリとした食感と、口いっぱいに広がる濃厚な旨味を堪能

    いか刺し

  • さえらのてっぽう

    和歌山県

    脂が少なく、小ぶりな一品

    さえらのてっぽう

TOPに戻る