ふな焼き

和歌山県

伝統的郷土料理

那賀地方で戦前から食べられていたおやつ

ふな焼き

昔は黒砂糖と炭酸を使い、牛乳でなく水で生地を練っていた。名前の由来は、昔はかまどの上においた「ほうらく」という鍋で焼かれていて、その鍋の底が船の底に似ていたので、「船焼き」と言われたという説がある。昭和40年代にホットケーキミックス粉が一般家庭へ浸透するとあまり作られなくなったが、今でも中学校の調理実習などで好評の味である。

郷土料理レシピ

分量 : 2人前

  • 小麦粉200g
  • ベーキングパウダー小さじ1
  • 牛乳1カップ
  • 1個
  • 砂糖大さじ1
  • 適宜
1.
小麦粉とベーキングパウダーはいっしょにふるう。
2.
ボールに卵、砂糖、牛乳を入れよく混ぜ、①を加えてとろりとなるまで混ぜる。
3.
フライパンを熱し、油を塗って②の生地を全て入れて弱火で焼く。片面が焼けたら裏返して、もう片面も焼く。
4.
皿に取り、切り分ける。
※甘み控えめのため、好みではちみつ等をつけてもよい。

資料提供 : 和歌山県 農林水産部 農業生産局 果樹園芸課

菓子

郷土料理

  • りゅうきゅう

    大分県

    沖縄の名を冠した大分名物。そのルーツは沖縄の漁師料理

    りゅうきゅう

  • かしわのすき焼き

    奈良県

    天神様の冥福を祈って、守護物の牛の代わりに鶏を入れたすき焼き

    かしわのすき焼き

  • 早蕎麦

    長野県

    長野県特有の蕎麦文化

    早蕎麦

  • ひもかわうどん

    群馬県

    その太さは迫力大!小麦の産地が生み出した幅広麺

    ひもかわうどん

TOPに戻る