外郎

山口県

伝統的郷土料理

山口県民が愛する代表的名菓

外郎

山口県の外郎(ういろう)は、ワラビを粉状にしたものに砂糖を加え、蒸したものである。小豆や抹茶などを加えて楽しむこともある。県内では多くの地域で外郎が作られ親しまれている。米粉を使った外郎に比べて、口あたりが軽やかで、後味もさわやか。

資料提供 : 一般社団法人山口県観光連盟

菓子

  • きりせんしょ

    岩手県

    人寄せにも使われる、クルミ入りのお菓子

    きりせんしょ

  • けせん団子

    鹿児島県

    薩摩藩のお茶菓子として親しまれていた素朴な名菓

    けせん団子

  • 焼米おこし

    愛知県

    家庭で親しまれた簡単おやつ

    焼米おこし

  • 志ぐれ

    愛媛県

    控えめな甘さと、もちもちの食感がたまらない郷土菓子

    志ぐれ

郷土料理

  • ばらずし

    岡山県

    倹約令をかいくぐるための工夫からうまれたハレの食

    ばらずし

  • 福神漬

    東京都

    起源は江戸時代初期までさかのぼる、東京の歴史を感じる名産品

    福神漬

  • 棒鱈煮

    山形県

    お盆には欠かせない郷土料理。鱈の旨味が凝縮された一品

    棒鱈煮

  • 落花生みそ

    千葉県

    お茶うけにも、おつまみにも、ごはんにも

    落花生みそ

TOPに戻る