もみじ饅頭

広島県

伝統的郷土料理

紅葉谷にちなんだ宮島の手みやげ

もみじ饅頭

日本三景のひとつである、厳島(宮島)の名産品。宮島にある紅葉谷に多くの客人が訪れるのに、何か手みやげになるものは出来ないかと、明治39年に原型となる「紅葉形焼饅頭」が考案された。当時は焼き型を押さえてひとつひとつ焼き上げていた。誕生当初は「こしあん」入り・カステラ状生地の焼き饅頭のみであったが、現在では多彩な味が販売されている。

資料提供 : 広島県 商工労働部 観光課

菓子

郷土料理

  • ワニ料理

    広島県

    広島ではワニとはサメのこと。ハレの日に食べる山間部のごちそう

    ワニ料理

  • クサギナのかけ飯

    岡山県

    田植えの頃の名物山菜料理

    クサギナのかけ飯

  • 鮎めし

    栃木県

    魚の香りと旨味がご飯にしみこんだ逸品

    鮎めし

  • いもたき(東予)

    愛媛県

    磯の香りが楽しめる、あっさり醤油味の鍋

    いもたき(東予)

TOPに戻る