かてそば

栃木県

伝統的郷土料理

春から夏、冬で変わるそば

かてそば

そばの増量のために、冬はだいこんで「だいこんそば」、春〜夏にはにらで「にらそば」にして食す習慣があった。これらを加えることで、そばの風味が増して美味しく食べられる。だいこんそばは、年越しに食べる地域も。

郷土料理レシピ

分量 : 4 人前

[ だいこんそば ]

  • そば350g
  • だいこん200〜300g

[ にらそば ]

  • そば350g
  • にら120g
1.
・だいこんそば
だいこんは、10㎝くらいの長さに切り、皮をむき、千突きで線状にする。(またはせん切り)
・にらそば
たっぷりの湯に、そばとにらを入れ、2〜3分一緒にゆでる。水にとり、冷たくしてざるにあげる。(完成)

2.
・だいこんそば
たっぷり湯をわかし、先にだいこんを入れて2〜3分ゆで、その中に、そばを入れ、だいこんと一緒に2〜3分ゆでて水にとり、冷たくして、ざるにあげる。

資料提供 : 「子や孫に伝えたい郷土の料理とちぎ」発行栃木県農業者懇談会

郷土料理

  • さんが焼き

    千葉県

    海を知り尽くした漁師による“漁師料理”の、まろやかな美味しさ

    さんが焼き

  • かきまぶり

    和歌山県

    代々伝わる、田植え休みなどのごちそう

    かきまぶり

  • かまくら漬け

    和歌山県

    有田地方のおもてなし料理

    かまくら漬け

  • ヒルアギ

    鹿児島県

    にんにくの香りがたまらない、スタミナ満点の奄美風野菜炒め

    ヒルアギ

麺

TOPに戻る