賀茂なすの田楽

京都府

伝統的郷土料理

「賀茂なす」の特性を存分に味わえる、夏の風物詩

賀茂なすの田楽

賀茂なすを半分に切ってから油でじっくりと焼き、甘味噌と一緒に皮ごと食す料理。丸みを帯び、プックリとした「賀茂なす」は京都の夏を代表する夏野菜で、京都の上賀茂、西賀茂の産地が名の由来とされる。きめ細かな身が詰まっていることから歯ごたえがよく、果物のようにみずみすしいのが特徴。「賀茂なすの田楽」はその特徴を存分に活かした料理だ。現在では初夏から食卓にあがり、7月の祇園祭の時期になると料亭などでよくみかける料理である。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • うどんすき

    大阪府

    山海の幸を盛り込んだ、江戸時代より伝わる老舗ならではの味

    うどんすき

  • ぶりのあつめし

    大分県

    大分漁師料理。
    あつあつのご飯とぶりで作る

    ぶりのあつめし

  • さんが焼き

    千葉県

    海を知り尽くした漁師による“漁師料理”の、まろやかな美味しさ

    さんが焼き

  • かぶらのやちゃら

    富山県

    「やっちゃら」野菜を使う料理

    かぶらのやちゃら

TOPに戻る