スケトの沖汁

新潟県

伝統的郷土料理

スケソウ鱈を使った豪快な漁師料理!

スケトの沖汁

とれたてのスケソウ鱈を生きたままブツ切りにし、肝と一緒に煮て、ネギを放り込んだ鍋を、佐渡味噌で味付けした荒っぽい漁師料理。冬を中心に味わえる野趣あふれる王侯の味です。本来は漁師の船上料理だった「タラ沖汁」、「スケトの沖汁」とも呼ばれる。主に冬場、旬の鱈を使って作られる。

資料提供 : 新潟県 佐渡観光協会HP

汁もの

煮もの

  • いも煮

    山形県

    直径5m超の大鍋で3万食を振る舞う「芋煮会」

    いも煮

  • いなごいり

    山形県

    かつての農村の貴重なタンパク源

    いなごいり

  • 夕顔煮

    岩手県

    魅惑の大瓜夕顔煮

    夕顔煮

  • ひょう干し

    山形県

    新年への期待を込めた正月料理

    ひょう干し

郷土料理

TOPに戻る