いけんだ煮味噌

静岡県

伝統的郷土料理

自家製味噌が味わい深い、新鮮な魚介類がたっぷり入った漁師鍋

いけんだ煮味噌

静岡県須崎半島の先端に位置する爪木崎の”池の段”という地名が訛って「いけんだ」。“いけんだ味噌煮”は、地元の漁師がその日にとれた魚介と海草を鍋で煮て、味噌で味付けして食べたのが始まりといわれる。現在は須崎エリアの旅館や店、家庭でも食べられる名物料理だ。出汁は、フジツボ、カメノテなど、磯のものを入れてとり、具は伊勢エビ・サザエ・精進ガニ・磯魚など、海の幸が盛りだくさん。豪華食材からとれた出汁の風味と磯の香り、味噌の深みが絶妙だ。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

魚介

  • 酒盗(しおから)

    高知県

    貴重な原料を漬け込み熟成させた、土佐生まれの酒の肴

    酒盗(しおから)

  • しもつかれ

    栃木県

    無病息災の行事食。「しもつかれ」を食べ歩いて健康に!

    しもつかれ

  • かま揚げしらす

    東京都

    行列のできるしらす飯。

    かま揚げしらす

  • 鯖飯

    和歌山県

    山間地域の定番ご飯

    鯖飯

TOPに戻る