甲州小梅漬

山梨県

伝統的郷土料理

山梨の特産品。カリカリとした歯応えとさわやかな風味が特徴

甲州小梅漬

山梨の特産「甲州小梅」が熟す前の青梅を使用するため、5月末には漬け込みを終える。カリカリとした歯応えから「カリカリ漬」とも呼ばれ、さわやかな風味が特徴。梅を一晩水に漬けてアク抜きをした後、梅と塩を交互に漬け込む。漬け込みの際、消石灰を加えるといつまでもカリカリに仕上がるといわれている。らっきょうがみょうが、生姜などと一緒に漬け込んでもおいしい。千切りにした柚子の皮を、干した大根のスライスで巻きさらに干した「大根の柚子巻き」を加えて漬ける場合もある。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • うどん

    京都府

    京うどんはだしが絡みやすく、だしを吸いやすい中細麺が特徴

    うどん

  • 飯寿司

    青森県

    伝統発酵食品「飯寿司」

    飯寿司

  • がん汁

    大分県

    生きた蟹を使ったワイルドな料理

    がん汁

  • 雲南の焼きサバ

    島根県

    山間部で味わう海の幸。名物となった理由は?

    雲南の焼きサバ

TOPに戻る