ひしこ押し寿司

千葉県

伝統的郷土料理

カタクチイワシを特製調味液にさっと漬けて。豊かな甘みが美味

ひしこ押し寿司

江戸時代より庶民の味として愛されてきた味「ひしこ」はカタクチイワシのこと。身が小さいわりに小骨が多く処理に手間が掛かることから、人気があまりない魚だったそうだが、味も栄養もよいことから、食べやすいように地元の人々が商品開発したという。一匹一匹、丁寧に小骨処理をしたカタクチイワシを醤油や甘酢の入った特製調味液にさっと漬け、冷めても美味しい長狭米を使用して押し寿司に。醤油につけず、ワサビだけを少し乗せて味わうのが通だとか。

資料提供 : ぐるたび

郷土料理

  • ワニ料理

    広島県

    広島ではワニとはサメのこと。ハレの日に食べる山間部のごちそう

    ワニ料理

  • 鶏飯(けいはん)

    鹿児島県

    約370年前から奄美に伝わるおもてなし料理

    鶏飯(けいはん)

  • 桜の花漬

    神奈川県

    7分咲きの八重桜を塩と白梅酢で漬け込んだ、優雅な小田原の名産

    桜の花漬

  • いもこ汁(庄内風)

    山形県

    庄内では海岸で鍋を囲む。豚肉と味噌仕立て

    いもこ汁(庄内風)

魚介

TOPに戻る