ふなんこぐい(鮒の昆布巻き)

佐賀県

伝統的郷土料理

お祝いの日にいただく鮒の昆布巻き

ふなんこぐい(鮒の昆布巻き)

鹿島地方に古くから伝わる冬の保存食。
鮒を生きたまま昆布で巻き、大根と共に一昼夜煮込む。
佐賀平野には農業用水路や貯水用として堀がはり巡らされている。秋に水を抜く「堀干し」をするが、その際に獲れる鮒が使われる。
おくんちなどのハレの日に食べる。鹿島市では、毎年、二十日正月の前日、恵比寿様、大黒様にお供えするための鮒を売る「ふな市」が開催される。これは300 年以上続く伝統行事となっている。

郷土料理レシピ

  • フナ5〜6kg
  • 2〜3カップ
  • 昆布1kg
  • ダイコン適宜(3〜4本)
  • ごぼう適宜(3〜4本)
  • しょうが1個
  • みりん2カップ
  • 砂糖1kg
  • とうがらし3〜4本
  • みそ2kg
1.
ミソをごく薄めに水でのばし、煮立てて布渡しし、砂糖、みりん、酒の半量を溶かす(「すめ」と呼ぶ)。
2.
昆布は洗って半乾きにしてお く。ダイコン、ゴボウは大きく輪切りにしておく(レンコン、こんにゃくを入れてもよい)。
3.
フナはウロコを取り、昆布一枚 で巻いておく。
4.
4大カマか大ナベにワラを敷く (竹の皮か割り箸でも代用できる)。その上にゴボウ、昆布巻きのフナ、ダイコン、トウガラシ、ショウガを並べる。
5.
1の「すめ」を注ぎ、初めは強火でアクを取りながら、煮立ったら弱火にして落としぶたをし、 残りの調味料を入れる。
6.
汁が少なくなったら「すめ」を足しながら 10 ~13 時間炊く。

資料提供 : 佐賀県 生産振興部 生産者支援課

郷土料理

魚介

  • ひゅうが丼

    大分県

    海の男達が豪快に船上で食した津久見市保戸島発祥の郷土料理

    ひゅうが丼

  • 鯖鮨

    長野県

    海のない地域ならではの食習慣

    鯖鮨

  • 石焼料理

    長崎県

    最後まであつあつが食べられる

    石焼料理

  • 穴子の一本揚げ

    東京都

    東京湾の新鮮な穴子を一本揚げに!

    穴子の一本揚げ

TOPに戻る