じり焼き

大分県

伝統的郷土料理

手軽に作ってパクッと食べられる郷土のおやつ

じり焼き

子供のおやつや雨降りの日の小昼によく作られた。小昼は10時、3時のおやつのこと。
小麦粉を水でゆるく溶いた生地を焼き、黒砂糖やかぼちゃのあんを巻いて食べる。昔は卵は入れなかったが、今はふわっとおいしくつくる。
いわれは、じりじり焼くからとも、生地がじりい(ゆるい)からとも言われる。日田地方ではへこ焼きと呼ばれる。

郷土料理レシピ

  • 小麦粉3カップ
  • 3個
  • 黒砂糖大さじ6
  • 大さじ1/2
1.
小麦粉と卵、塩を水で混ぜ、天ぷらぐらいのやわらかさに溶く。
2.
平鍋に油をひき、杓子で流し入れ、表面をならして両面を焼く。
3.
黒砂糖を刻んでのせ、端から巻く。

資料提供 : 〜伝えたい〜おおいた ふるさとの味 /次代に残したい郷土料理

郷土料理

  • じゃっぱ汁

    青森県

    魚の旨みをまるごと味わい尽くす冬の定番鍋!

    じゃっぱ汁

  • からいもねったぼ

    鹿児島県

    年末のおやつや腹ごしらえとして食べていた

    からいもねったぼ

  • どて煮

    愛知県

    名古屋めしの代表格!旨みが濃縮された口どけほろほろの大衆食

    どて煮

  • うるか(あゆの塩辛)

    大分県

    ほのかな苦みと渋み!新鮮なアユの内臓を使った贅沢な塩辛

    うるか(あゆの塩辛)

TOPに戻る