じり焼き

大分県

伝統的郷土料理

手軽に作ってパクッと食べられる郷土のおやつ

じり焼き

子供のおやつや雨降りの日の小昼によく作られた。小昼は10時、3時のおやつのこと。
小麦粉を水でゆるく溶いた生地を焼き、黒砂糖やかぼちゃのあんを巻いて食べる。昔は卵は入れなかったが、今はふわっとおいしくつくる。
いわれは、じりじり焼くからとも、生地がじりい(ゆるい)からとも言われる。日田地方ではへこ焼きと呼ばれる。

郷土料理レシピ

  • 小麦粉3カップ
  • 3個
  • 黒砂糖大さじ6
  • 大さじ1/2
1.
小麦粉と卵、塩を水で混ぜ、天ぷらぐらいのやわらかさに溶く。
2.
平鍋に油をひき、杓子で流し入れ、表面をならして両面を焼く。
3.
黒砂糖を刻んでのせ、端から巻く。

資料提供 : 〜伝えたい〜おおいた ふるさとの味 /次代に残したい郷土料理

郷土料理

  • 西馬音内そば

    秋田県

    海苔の豊かな風味を感じる手打ち麺。冬でも「冷やがけ」が定番

    西馬音内そば

  • さんまの酢みそ和え

    岩手県

    香味野菜と酢みその香りが、新鮮なさんま刺に新たな食感を与える

    さんまの酢みそ和え

  • こづゆ

    福島県

    「会津人のもてなしの心」が会津椀につまる

    こづゆ

  • 中身の吸物

    沖縄県

    祝い事には欠かせない沖縄の伝統料理

    中身の吸物

TOPに戻る