炭酸まんじゅう

埼玉県

伝統的郷土料理

手軽につくれる農家のおやつ

炭酸まんじゅう

埼玉県の食の中心となっている小麦。ハレの食の半分は小麦粉が利用され、「朝まんじゅう昼うどん」は夏の典型的なハレ食だった。炭酸まんじゅうは昔から農村でつくられ、祭り行事など色々な場面で食されている。

郷土料理レシピ

  • 小麦粉500g
  • 砂糖180g
  • 牛乳200cc
  • 重曹10g
  • ベーキングパウダー7.5g
  • 1個
  • あん800g
  • 手粉用小麦粉100g
1.
小麦粉はよく振るう。卵をよく溶きほぐす。
2.
砂糖、牛乳、重曹、ベーキングパウダーを混ぜ合わせ、1.の卵と一緒にしておく。
3.
小麦粉に2.を入れて、かき混ぜる。手粉をふった台の上にのせ、ひとまとめにする。
4.
あんを40gに丸めておく。
※あんを、いちじく、おから、ナス、くるみ等に変えてもおいしい。
※紅花をのせたり、水菜を皮に混ぜ込むと色鮮やかになる。
5.
3.の生地を50gの大きさにちぎり、丸めて平らにし、あんを包む。
6.
丸めた5.を蒸気のあがった蒸し器の中に間隔をあけて入れる。(大きく膨らむため)
12〜15分、蒸す。(長く蒸しすぎると破裂することがある)

資料提供 : ふるさとの味伝承士埼玉ふるさとの伝承料理集

菓子

郷土料理

  • 五島うどん地獄炊き

    長崎県

    生卵またはあごだしつゆに茹でたうどんをつけて食べる

    五島うどん地獄炊き

  • いわしのすり身汁

    青森県

    味噌味の「だまこ」が汁の味を引き立てる!

    いわしのすり身汁

  • 鯉こく

    富山県

    クセの強い鯉を味噌で煮込んで食べやすく

    鯉こく

  • つゆはっと

    宮城県

    油麩からあふれる汁とつるつるののど越しのはっとで冬を乗り切る

    つゆはっと

TOPに戻る